土地活用と法律との関係

  • 土地活用、需要調査を行う意味

    • 土地活用を実際に行動に移す前に需要の調査を行ってもらいましょう。
      需要の調査と言われて言葉を始めて聞く場合もあると思いますが、土地活用をする前に絶対に行っておいた方が良いのです。


      需要調査とは目的の土地活用をした場合にどれくらいの需要があるのかを予想してもらう、または調査してもらう事になります。


      建てる前に調査をする事になりますので、正確ではないと思われている場合がありますが、実際に土地活用を行った際に、調査の報告と近くなる場合が多いので、正確ではないと決めつけて行わないのは危険です。依頼は非常に簡単です。



      需要の調査を行っている業者に電話や直接足を運んでお願いをするだけです。



      そのあとにどのような土地活用を行うのかなど候補を相手に伝える事によって、調査を行ってくれるのです。



      もちろん費用が発生してしまいますが、それほど高額な費用はかからないので、気軽に行う事ができます。



      調査を行ってもらい、あまり良い調査結果が出なかった場合には、別の活用方法も考えなくてはならない場合もあります。



      調査をしてもらい、良い結果が出る活用方法が見つかるまで調査をしてもらうとどの活用方法が良いのかわかります。


      土地の活用を行う際に、行わない方が多い需要調査ですが、継続的に収入を得るためには必要な情報になってきますし、始めるか始めないかを判断する上でも大切な情報になってくるので、依頼をして調査してもらいましょう。
      時間も長くはかかりません。



  • 関連リンク

    • 土地活用でテナントを作った場合には、自分でテナント募集者を勧誘しなくてはならない場合もあります。このような場合には交渉力が必要になってくるのですが、土地活用を行った方々が交渉力がある訳ではありません。...

    • 土地を所有している人の中には、土地活用を上手に行うことで収益を上げたいと考えている人もいるでしょう。土地活用を行うためにプランを立てて実行しようとした場合でも、土地には立地条件に応じて法律による制限が設けられていることがありますので、自分の所有している土地がどのような条件で使用が可能なのか把握しておく必要があります。...