土地活用と法律との関係

  • 賃貸物件を建てる土地活用方法について

    • 土地を所有している人の中には、土地活用を上手に行うことで収益を上げたいと考えている人もいるでしょう。



      土地活用を行うためにプランを立てて実行しようとした場合でも、土地には立地条件に応じて法律による制限が設けられていることがありますので、自分の所有している土地がどのような条件で使用が可能なのか把握しておく必要があります。



      共有地であるときには、所有している人全員の同意がなければ活用することができませんし、収益のことだけではなくて相続の問題についても把握してから検討をしなければなりません。



      活用方法のプランを作成することができれば、収益性についての分析をする必要があります。



      賃貸物件を建てて入居者を募集することで、経営を行おうと考えているときには、近隣の賃貸物件の経営状態を確認することや、地域における市場の特徴を把握しておくことが大切になります。


      同時に土地活用を行って運営をするためには、資金の調達方法について中長期的な視点を持って資金繰りを検討しておく必要があります。



      近隣の賃貸物件に関する状況や地域性の特徴、資金繰りの面において問題点が発覚したときには、あらかじめシミュレーションを行って収益を得られるかどうかを確認しておくことが大切です。
      建て物を建設したときには、その後の運営管理のことを考えておかなければなりません。



      建て物に入居してもらったときのことを考えて、管理の要領やトラブルが発生した際の対処方法などを事前に把握しておくことで、運営をしやすくすることができます。

  • 関連リンク