土地活用と法律との関係

  • 賃貸物件を建てることによる土地活用のメリット

    • よく行われている土地活用の方法として、空いた土地にアパートやマンションを建てて、賃貸物件として運用するのがあります。



      この土地活用で得られるメリットとしては、家賃収入が見込めるという点です。アパートやマンションの建設費用が掛かるため、大抵の場合でローンを利用することになりますが、入居者が順調に増え、同時に家賃収入が増えると、ある程度の年月が経過した後にローンの支払額よりも家賃収入が上回り、その分儲けが生まれます。



      利益がすぐに発生しなくても、ローンと家賃収入に大きな開きがなければ、負担額が小さくなり、また確定申告で所得税を減らすことにも繋がります。



      税金関係では他に、固定資産税や都市計画税が安くなるというメリットがあります。



      アパートやマンションなどの賃貸物件を建てていれば、固定資産税なら6分の1、都市計画税であれば3分の1になります。



      さらに新しく建ててから3年間は、建物に対するこれら2種類の税金が2分の1に抑えられ、中高層耐火建築物なら5年間の減税が受けられるようになります。土地活用することによって、高額になりがちな様々な税金の負担が少なくなるのも、魅力的な部分です。



      定年退職後に土地活用を始めるよりも、できるだけ若い時にアパートやマンション経営を始めれば、将来年金生活を始める時にはローンが完済し、家賃収入による利益が増えることになり、仕事をしていなくても生活に余裕が生まれやすくなります。

  • 関連リンク

    • 土地活用でテナントを作った場合には、自分でテナント募集者を勧誘しなくてはならない場合もあります。このような場合には交渉力が必要になってくるのですが、土地活用を行った方々が交渉力がある訳ではありません。...

    • 土地を所有している人の中には、土地活用を上手に行うことで収益を上げたいと考えている人もいるでしょう。土地活用を行うためにプランを立てて実行しようとした場合でも、土地には立地条件に応じて法律による制限が設けられていることがありますので、自分の所有している土地がどのような条件で使用が可能なのか把握しておく必要があります。...